普遍教育実践講座第249回「橋下知事へ直訴-9-」

生命あるものは、生命あるものを教科書にしなければ取り返しのつかない結果となる。

今までの歴史から、人類は数え切れないほどの過ちを犯してきた。それはもともと私たちが「重力」から持たされている「物質精神」のまま、自己を放置しているからだ。他の動物を参考にすれば明確である。

例えば、猫や犬の本能である「物質精神」は昔も今も変わらない。しかし、人間には知恵がある。知恵を以て「生物精神」へ移行しなければならな い。その為には命ある動物を教科書としなければ、私達の心を豊かに育むことは不可能である。私達や動物が持つ心「物質精神」は、自分から1センチメートル 以内で接した相手に最も感情を深く持つ。

母親が、お腹に赤ちゃんを宿し母乳で育てることは、この距離である。そして代替えが出来ない役割である。深い愛情を持つのは当然である。また、 相手に対する関心や敵への危険度認識の距離は約50メートル程度である。人間の場合、兄弟や友人などは、この距離の範囲となる。草食動物の場合、50メー トル以上向こう側に肉食動物が居ても、さほど危険とは思わない。

つまり、50メートル以上向こう側、あるいは見えない所にいる人間や動物を、観念では人間や動物と分かっていながら意識の中で半分以上物質扱い にしている。このように、私達や動物は意識の距離感を「物質精神として」インプットされている。これらの具体的な距離の数値は、地球と大気圏、地球と月の 関係から考えた。

この、与えられた閉鎖的な「物質精神」は、ただ生存するだけの基礎である。意識や感情を世界の隅々まで行き届かせる「生物精神」をおのおのが、 自己の中に植え付けてゆかねばならない。そうすることで意識の中で物質扱いにしてきた生物や物事を、リアルに身近なものとして感じることができる。

そして世界中の人や動物の息吹が、自己と一体となり、他の心の痛みが自己と一体化する。世界を自分の中の事として、考えるようになる。世界中の人間が、地上と自分が一心同体であると会得した結果、全ての紛争や諸問題が解決される。

ここで初めて、この連載上で述べている「他は自分で、自分は相手(他人や動物)である」と言っている事が理解出来るだろう。その「生物精神」の訓練を指導するのが教師で

あり、その現場が義務教育である。

raining of the “life spirits” The direct appeal to Mr.Hashimoto governor

Living things must have the textbook of living things. If they don’t do so, the result will be irrevocable.

From the history until mow, human beings have committed much more mistakes. That is because we leave selves with only “material spirits” that we always been had from “gravity”. They are clear of refering other animals.

For example, “material spirits” that is instinct of cats and dogs isn’t change now and past. But human beings have wisdom. With having wisdom, we must switch to “life spirits” To that if we don’t have the textbook of animals, it is impossible to cultivate our mind with rich. The mind of “material spirits” that we and animals have is emotional the deepest to the competitor exposing within one centimeter from ours.

There is this distance that mother get pregnant her baby and bring up mother’s milk. And this is the part that can’t be standby. It is rightly that we have deep love. Also the interest to competitor and the distance of dangerous knowledge to the enemy is about 50 meter degree. About human beings, brothers and friends is in this distance range. In the case of herbivores, they don’t feel danger so much even they are predatory animals beyond 50 meters.

That is to say, about human beings and animals existing beyond 50 meters or no seeing, we know that they are human beings and animals in the concept but we deal with substance more than half in our sense. In this way, we and animals are input the sense of distance “as the material spirits.” These numerical value of concrete distance, we thought from the relation between earth and inner space, earth and moon.

This given and closed “material spirits” is the foundation only existence. Each must root “living things spirits” reach sense and feeling to all over the world in themselves. Then they can feel the living things and matters as real and familiar that they have dealed with matters in the sense.

And the breath of human beings and animals in all over the world become unifying. Then the pain of other’s mind become unifying with selves. We become thinking the world as our own things. As a result that human beings in all over the world comprehended of devotedly body in ground and self, all dispute and every problem will be solved.

First in here, we can understand that “other is self and self is competitor ‘other or animal’” stated in this serialization. To guide the t is the teacher and the scene is compulsory education.

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です